平野ビニール工業株式会社 Hirano Vinyl Co.,LTD

お問い合わせ

ごあいさつ

経営理念 共存共栄 あなたもよくなれ!わたしもよくなれ!みんなよくなれ!

 私達平野ビニール工業株式会社は、繊維製品、帆布製品、車両用シート表皮の裁断縫製メーカーとして、ものづくりの頂点を目指し、日々の研鑽と堅実な成長を重ねております。
 日頃からお客様に喜んで頂ける仕事を第一優先とし、思いやりの心、誠実で素直な心を忘れずに、顧客満足を追求しています。
 国内外の競争力が必要とされる昨今です。物心両面から人財育成とコスト競争力の強化を徹底していきます。
また技術力向上のため、自社ブランドの開発にも挑戦し、お客様により一層満足して頂ける企業を目指します。私達は、モータリゼーションの一翼を担っている自負心を忘れずに、お客様とともに繁栄を継続するために、挑戦し続けてまいります。

経営理念

多文化共生

平野ビニール工業株式会社では多様な人材の就業機会を増やし、
積極的な活用に努めています。

人にはさまざまな個性があります。国籍、文化、年齢、性別、学歴、ライフスタイルなど個々の考え方や価値観は、まさに多様です。
平野ビニール工業株式会社はこうしたた「多様性」が会社の強みになると信じ、いろいろいな考え方を持つ人たちが、多様な意見を出し合い、より豊かで発展的・独創的な社会の実現に向けて取り組んでいます。

旧友エジミウソンとの社会貢献活動に参加しています

ジョゼ・エジミウソン・ゴメス・ジ・モラエスは、ブラジル・サンパウロ州タクアリティンガ出身の元国際的なサッカー選手。ブラジル代表として2002年日韓ワールドカップで優勝したメンバーの一人。FCバルセロナに2004〜2008シーズンの間在籍。2005〜2006シーズンにはボランチのレギュラーに定着し、FCバルセロナの2冠に貢献した。現役引退後はエジミウソン財団を通じて子どもたちの未来に向けた教育や環境つくりを推進しています。

寄付型自動販売機を設置しています

平野ビニール工業株式会社では日本エジミウソン財団へ、寄付型自動販売機普及を通じ、貧困世帯の子どもや家族に対し、子どもが貧困の連鎖から脱し、すべての子どもたちが自立した社会人に育つための機会が与えられる社会の実現に向け、取り組んでいます。

会社概要

社名
平野ビニール工業株式会社
創立
昭和44年7月
設立
昭和56年5月1日
資本金
10,000,000円
代表者
平野利直
従業員数
143名(2018年5月末 現在)
生産品目
四輪車用座席シートの裁断及び縫製加工
四輪車の特注シートカバー 他
認証規格
ISO14001:2015年度版
(2017年10月取得)
所在地
【本社】
〒438‐0804 静岡県磐田市加茂725‐2
TEL 0538‐32‐8669(代)
FAX 0538‐37‐4918
E-mail info@hiravi.co.jp
【竜洋工場】
〒438‐0202 静岡県磐田市高木1662-1
工場面積
本社工場:延床面積 1,765㎡
竜洋工場:延床面積 1,092㎡
主要取引先
株式会社スニック
株式会社サンサークル
株式会社GT CAR プロデュース
株式会社スプラウト 他 敬称略
取引銀行
静岡銀行 三菱UFJ銀行
商工組合中央金庫
浜松磐田信用金庫
加盟団体
一般社団法人 日本ソーイング技術研究協会、
厚生労働省がん対策推進企業アクション
推進パートナー企業、
静岡県障害者就労応援団企業、
一般財団法人 日本エジミウソン財団、
一般社団法人 グローバル人材サポート浜松

沿革

昭和44年7月
創立
昭和56年5月1日
設立
平成14年8月29日
NC1号機取得(平成28年9月除去)
平成15年8月1日
NC2号機取得
平成18年11月4日
延反1号機取得
平成20年10月6日
ISO 14001取得
平成22年9月20日
第2工場稼働
平成22年9月30日
NC3号機取得
平成26年7月1日
竜洋工場完成
平成26年9月24日
一般社団法人日本ソーイング技術研究協会加盟
平成26年9月30日
NC4号機取得
平成29年2月22日
一般財団法人日本エジミウソン財団加盟
平成29年3月
自動穿孔機取得
平成29年5月
竜洋工場2F 製造工場増設
平成29年6月
静岡県障害者就労応援企業として登録
平成30年7月16日
本社工場にトレーハウス(食堂)設置
平成30年8月20日
延反2号機取得、NC5号機取得

最新情報

お問い合わせ
ページトップへ戻る